スタッフブログ -STAFF BLOG-

2017 /08 /31地縄

 こんにちは、設計の杉本です。

今日は休日ですが、申請関係をまとめて提出するために出勤しました。

ということで、今日ブログを上げさせていただきます。

 今日は風が強かったですね。

どうやら父島付近の台風の影響のようでしたが、私は台風がきていることさえ知りませんでした。

こちらに来ないことを願うばかりです。

 では、仕事の話ですが今週は忙しい日々を送っています。

沼津のU様邸の中間検査の申請や9月頭に着工する富士宮市のK様邸の申請や地縄と

やることがいっぱいでしたが無事に終わらせることができました。

 さて、今日は地縄の話をします。

地縄は地鎮祭の際に建物の中央や四隅の位置を確認しますので、その前に張っておきます。

張りかたは敷地の角と他の一点から建物の角までの距離を測り、1ヵ所目の角の位置を決めます。

次に2ヵ所目の角の位置を同じ方法で決めます。

2ヵ所目の角が決まれば、直線上の角と斜めの角の距離を測ることによって、

四角い建物の地縄を張ることができます。

複雑な形状であれば、この四角から形を変えていきます。

現場で寸法を計算すると大変ですので、パソコン上であらかじめ距離を測り、

図面に記載しておくことによってスムーズに作業することができます。

そして、この地縄を元に基礎工事前に丁張りを行い、より正確な位置を出していきます。

DSC_02051

スタッフブログ一覧へ戻る

ページの先頭へ